空室対策をするならサブリースを利用しよう

手間が大幅に減ります

お金

優良物件を選ぼう

サブリース方式とは、賃貸人である収益物件のオーナーと転貸目的の賃借人であるサブリース会社との賃貸借契約であるマスターリース契約と入居者とサブリース会社との転貸借契約であるサブリース契約を組み合わせたものを言います。収益物件のオーナーがサブリース方式を採用するメリットとして、空室リスクや滞納リスクが抑えられること、物件の入居者からの問い合わせに対して対応しなくてよいこと、入居者募集の際に家賃設定などで悩まなくてすむこと、等が挙げられます。また、1棟マンションや1棟アパート等、複数の専有部分がある収益物件を保有している場合には、その全てを丸ごとサブリース方式にすることによって、確定申告の手間が大幅に減ります。なぜならば、オーナーからしてみれば、賃借人はサブリース会社のみとなるからです。一部屋ごとの入居者の個人情報を把握したり、家賃の回収状況を確認したりする必要がないのです。なお、サブリース方式があるからといって、物件選定の基準を緩めて、空室リスクの高い物件を安く手に入れようとするのはやめましょう。空室に苦戦するような物件は仮にサブリース方式を取ることができたとしても、契約期間が短かったり、契約更新の際に家賃を下げられたりします。逆のことを言えば、優良物件を選べば、契約期間を長めに取ることができ、家賃も大きく下げられることもありません。優良物件は多くの不動産会社が取り扱いたがるので、良い条件を引き出しやすいのです。