空室対策をするならサブリースを利用しよう

管理方式を知ろう

積み木

違いを理解しよう

収益物件の管理方式として2つの方式があります。1つが管理受託方式であり、もう1つがサブリース方式です。管理受託方式とは不動産会社等が収益物件を保有するオーナーと管理委託契約を結び、賃貸管理の受託者としてオーナーの代わりに賃貸管理業務を行います。賃貸管理業務の具体的な内容は、入居者の募集や集金、入居者からの連絡受付、退去時の精算等です。一方、サブリース方式とは不動産会社等が賃貸借契約の借主の立場になり、さらに転貸借契約の貸主の立場も兼ね、転貸人として自ら借りた物件を転借人に転借して、直接的に賃貸管理を行うというものです。管理受託方式の場合には、オーナーは入居者と賃貸借契約を結ぶことになりますが、サブリース方式の場合には、オーナーが賃貸借契約を結ぶ相手は転貸を目的としている不動産会社等ということになります。この違いは対象物件に入居者が居ない時に如実に表れます。管理受託方式の場合には、契約相手は入居者であるため、退去してしまうと家賃収入もなくなってしまいます。一方で、サブリース方式の場合には、入居者と契約をしているのは不動産会社等であるため、空室が発生した場合には、入居者から転貸人である不動産会社等への家賃の支払いはなくなりますが、不動産会社等からオーナーへの家賃は引き続き支払われます。サブリースには様々なメリットがあるので、収益物件を円滑に運用していくためにもこのサービスを利用するようにしましょう。