空室対策をするならサブリースを利用しよう

積み木

管理方式を知ろう

収益物件には管理受託方式とサブリース方式の2つの管理方法があります。オーナーの立場から言えば、サブリース方式の方が空室リスクを小さくすることができますが、受け取れる家賃は管理受託方式よりも少なくなります。

お金

手間が大幅に減ります

サブリース方式を取れば空室リスクや滞納リスクを抑えることができます。但し、サブリース方式で契約する際でも、優良物件を手に入れるよう努力をしましょう。そうすれば、サブリースの契約をする際に良い条件を引き出すことができます。

貯金箱

家賃の査定から始まります

サブリース契約は1棟マンションや1棟アパートを新築する際に提案されることが多かったですが、最近では、物件の状態さえよければ、中古のワンルームマンションやファミリータイプマンションでも契約できるようになってきました。

契約条項を読もう

女性

信用力を確認しよう

不動産投資では、空室リスクや滞納リスクを排除する手段としてサブリースがあります。サブリースとは、大家はサブリース会社とマスターリース契約を結び、そのうえでサブリース会社が入居者と転貸借契約を結んでいくスキームを言います。大家の契約相手はサブリース会社なので、実際に入居者がいなくても、入居者が家賃をきちんと支払ってこなくても、大家に影響はないという点が特徴的です。但し、大家が受け取る家賃は相場家賃よりも1割から2割低くなります。相場家賃と実際に振り込まれる家賃の差額がリスクに対する保険料のようなものであり、サブリース会社からみれば収益となります。サブリース会社と契約しようとするときには気を付けるべきポイントがいくつかあります。1つ目はサブリース会社自身に信用力があるかどうかです。空室や滞納になっても家賃を支払ってくれるという点が魅力ですが、実際に空室や滞納になった場合に、十分に耐えられるだけの資力がサブリース会社になければ、大家への家賃支払いが滞りかねません。契約を結ぼうとしている相手の会社の業歴や実績、受託件数などを確認しておきましょう。2つ目のポイントは契約条項です。契約更新時に家賃改定についてどのように取決めされているのか、中途解約をしようとする場合にはどのようなルールになっているのかということを予め確認し、納得したうえで署名捺印するようにしましょう。契約時にきちんと理解しておけば、後日、大きなトラブルに発展することはありません。